高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集 - 高速道路技術センター

高速道路技術センター 高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集

Add: aqydeb11 - Date: 2020-12-11 12:04:37 - Views: 1589 - Clicks: 109

9: 高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集. 9: 道路保全工事等安全管理の手引き: 日本道路公団, 建設業労働災害防止協会 監修 ; 高速道路技術センター 編: 高速道路技術センター:. *高分解能が必要な場合、一般 的には4逓倍回路方式がとら れます。(a相、b相のそれぞ れの立上り、立下り波形を微 分することにより4倍出力が 得られ、分解能が4倍になり ます。. 高速道路事業におけるco2排出量推計手法の提案. リニア新幹線技術により、東京から成田への移動が15分、東 京から大阪への移動が50分で可能になる。世界でもリニア新幹線が採用され、世界の距離はさらに短縮される。また、同距離を移動するのに必要なエネルギー とCO2排出量が激減する(ニューヨーク-ワシントンDCに導入した場合に、エネルギーが50%減少、CO2排出量が70%減少するという試算がある(現 在の航空機と自動車による輸送を全てリニア新幹線に置き換えた場合の試算例。))。. alos高解像度衛星画像を用いたアルゼンチン・アンデス山岳地帯における氷河台帳作成: 植物病原糸状菌に対する生物的防除資材開発のための発酵及び製剤技術の最適化: アルメニア. 自動運手システムで活用されるセンサーには「光学式カメラ」や「ミリ波レーダー」などがありますが、今後は「LiDAR(ライダー)」も加わる可能性が考えられます。 LiDARとは、光(レーザー)を用いて距離をセンシングする技術のことで、短い波長の電磁波を照射するため、従来の電波レーダーよりも精度の高い検出が行えます。元々は地質学や物理学の分野で活用されていた技術ですが、センシング機能に優れていることが認められたため、自動車業界から熱視線を受けました。 テスラのCEOイーロン・マスク氏はLiDARの搭載には今のところ懐疑的であり、カメラやレーダーを駆使すれば自動運転の実現は可能だとコメントしています。しかしGoogleは、3D地図を作成する上で赤外線によるLiDARの技術は必要だと考えているため、今後も注目され続けるセンサーであることは間違いないでしょう。テスラのモデルSは年に致命的な死亡事故を起こしている点から、改善のカギを握るのはもしかしたらLiDARによるセンシング技術かもしれません。. 立体映像、音、香り、触感までも再現できる技術がヘッドギア 等により実現し、現実世界とサイバーワールドが非常に近くなる。これにより、例えば日本人が日本に居ながらにしてマンハッタンの活気を実感できたり、外国の人が自宅に居ながらにして日本の浅草・浅草寺の門前の雰囲気を味わうことができる。.

i-Construction 時代の情報化施工に挑む 日本国土開発 AI を活用した未来の土工現場とは. 1. はじめに ―― 地震と防災技術の発展 20世紀は科学技術の時代であった。 土木工学や建築学の分野でも、 高速道路、 長大橋、 超高層ビルなどを設計・建設する技術が開発され、 それらが実際に多数建設された。. 砂漠化が深刻な地域において人工的に雨を降らせ、沿岸部にあ る場合は海水の淡水化技術を使い真水が確保される。さらに、遺伝子組み換えなどの最先端バイオ技術を生かして劣悪な環境下でも育つ植物を導入しながら、脱 塩技術などで健全な土壌を回復し、不毛の地と化した砂漠を緑地に復元する。 また、日本国内においては、土壌の有無、地形の差異等にかかわらず、様々な形での都市緑化が進み、‘緑との共生生活’を実感することができる。. 通信距離は約2~20mと短く、高い信頼性が求められる高速道路での料金収受システムに使用されています。 DSRC技術を活用したサービス フルノではこの技術を用いて、ETC車載器や、DSRCでETC車載器と通信可能なDSRC路側アンテナを開発しています。. 今月の表紙: 表紙の写真に示す何気ない日常は、実は様々な土木技術によって成り立っています。新年の1月号では、日本の安全と成長を支える土木技術として、最新の防災・減災対策技術、環境への負荷を低減させる技術、適切なインフラの維持管理・更新の技術、賢い使い方によるストック. 最高レベルの高分解能(1m)や広域(490km)の観測性能を 実現している。またALOS-2は,基準軌道に対して±500m の軌道を保持できる自律軌道制御技術,800Mbpsという 高速データ伝送技術等を備えることで高精度な観測データ. 高分解能合成開口レーダー衛星「radarsat-2」撮影データの国内独占販売権を取得 年4月11日 (お知らせ)内閣府公表の衛星データ活用事例にパスコ事例が掲載されました.

See full list on cao. 例9.家事からの解放 - 一家に1台家庭ロボット -. 1) 高分解能SARの災害時の利用。 2) 高分解能人工衛星データを活用した震災情報の抽出手法。 3) 干渉SARデータの高速自動処理技術。 社会資本分野における航空宇宙技術の有効活用に関し、以下の技術開発を行った。 1) 流域水文情報収集。. 平成24年度道路構造物に関する基本データ集: 道路構造物管理研究室: 玉越 隆史,大久保 雅憲, 横井 芳輝: /1: 775: 高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集 - 高速道路技術センター jtrc(oecd/itf 共同交通研究センター)と国土技術政策総合研究所、(社)日本道路協会との共催セミナー開催報告書: 国際研究推進室: 国際研究. 阪神高速道路.

GPS(全地球測位システム)技術、ロボット技術、ユビキタ スセンサネットワーク技術(人・モノの状況やそれらの周辺環境等、様々な状況・環境を自動認識し、自律的な情報流通に基づいて最適な動作を実現する技術)を活用した「高度みまもり技術」が開発・整備され、子どもや高齢者の安全確保のために地域ぐるみの努力もなされることにより、子供や高齢者が安心して生活 できる環境が実現する。. sir-ez xt シリーズ最高の高周波(2,700mhz)で高分解能、高深度を達成! 電磁波レーダ法の探査についての技術情報及び最新の情報をご紹介いたします。. 株式会社パスコ 衛星事業部 副事業部長 石塚 高也 衛星活用の先進国と言えば欧米。 今、パスコが注目する市場はアジアパシフィック。 アジアパシフィック地域各国における衛星活用に向けた活動状況とパスコのこれまでの実績をご紹介。. 鉄道工学リサーチ・センター(センター長 綱島均教授)は、まちづくりを含めた鉄道に関する研究拠点を整備し、学部を挙げてこれに取り組むことにより本学部の研究活性化を図るとともに、その研究成果を社会に還元することにより安全で快適な社会の構築に貢献することを目的として、.

See full list on smartdrivemagazine. 1) 高分解能SARの災害時の利用。 2) 高分解能人工衛星データを活用した震災情報の抽出手法。 3) 干渉SARデータの高速自動処理技術。社会資本分野における航空宇宙技術の有効活用に関し、以下の技術開発を行った。 1) 流域水文情報収集。. 高分解能衛星データによる土地利用情報の抽出:大塚 力・政春尋志・白井直樹・赤松幸生 ; ヘリコプター搭載レーザースキャナの3次元計測制度(その3):中川勝登・吉成秀勝・村上広史. 地域課題の解決に資するict利活用の取組みの参考となるよう、地域ict利活用事業を中心に、医療、福祉、防災、地域活性化等の各分野の取組みについて、「ict地域活性化事例 100選」を紹介いたします。. 遠い将来のことだと思われていた、自動車の自動運転が現実的な段階に入ってきた。その実現を支える技術として注目を集めているのが、光.

8ghz帯dsrcシステムを用いた大容量・双方向での道路交通情報の提供について,etcを含む多様なサービスを一つの車載器(its車載器)に対して効率的に提供するための研究開発を実施し,首都高速道路における公道実験を継続的に実施し,効果の検証を. 精密なオルソ画像を作成するためには、高い精度の計測が必要となることから、デジタルステレオ図化機などの画像処理装置に、撮影した各空中写真とgnss/imu装置で計測した各空中写真の外部標定要素、水平位置と高さの基準となる標定点成果の各種データを取り込み、撮影区域全体で統合し. 高速道路技術センター:. "超広帯域レーダを用いた室内環境計測・認識のための高分解能イメージング法の研究" 年4月- 年3月 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究b, 分担者, "多重散乱環境を用いた衝突回避ロボットのための超波長分解能レーダ技術の研究". 7126円 安全ベスト・反射ベスト メンズ 作業服 安全・保護用品 産業・研究開発用品 反射ベスト 雨のスーツ高い可視性の作業着防水レインコートの理想のために高速道路道路作業建設交通 安全ベスト 夜間 事故防止 色 : 緑 Size XL. 自動運転システムと聞くと、内蔵するコンピューターがすべてを判断して公道を運転することを思い浮かべるかもしれませんが、実際はそのレベルまで達しているクルマは今のところ存在しません。自動運転を達成するにはさまざまな技術の制約があるため、世界のエンジニアが壁を乗り越えようと日々研究に努めています。 日本では「自動ブレーキシステム」が一時期話題となりましたが、このシステムも自動運転の一部といえるでしょう。カメラとレーダーの組み合わせによるものが多く、トヨタ、日産、マツダ、スバルなどが販売する車両に搭載されていることで有名です。 特にマツダの「アクセラ」では、国土交通省の調査による自動ブレーキ性能の評価点は総合でトップを記録。またTVCMでお馴染みのスバル「アイサイト」も評価が高いため、こちらの2社の自動ブレーキシステムは、今後も技術を競い合いながら更なる進化が望めるのではないでしょうか。. 高度な人工知能を備え、家事に必要な動作が可能なロボットが開発されている。また、ロボットのリース・サービスなど新たなサービス・ビジネスが出現し、ロボットが家庭に安全に導入され普及することにより、家事から 解放され、時間にゆとりができ、子育て・仕事・趣味が同時に支障なく成り立つ。. 究センターの提供する衛星画像データを使用し、各画像 に対してゴルフ場が含まれているか否かを判別する、画 像認識アルゴリズムの作成に挑戦していただきます。 使用するデータはLandsat-8で撮影された衛星画像を グリッド分割したパッチ画像724,879枚です。.

自動車に関わるセンサーだけを考えれば、搭載可能なものは既にたくさん存在します。特にカメラ技術は進化の一途を辿っており、今後も自動運転システムに大きく関わってくることは間違いないでしょう。自動運転用のカメラ開発企業の中には、ソニーやパナソニック、ケンウッドなどがあるため、まさに業界の垣根を越えた開発競争が行われている状態です。 最近までテスラと業務提携していたMobileye(モービルアイ / イスラエル)では、後付けが可能な衝突防止補助システムを開発しており、フロントガラスに取り付けたカメラが先行車両や歩行者を検知して警報音を鳴らす製品を販売。さすがにステアリングやブレーキの操作はできませんが、「警報音を鳴らす」くらいであればすべてのクルマに搭載が可能とのことです。 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)では「センシング技術委員会」を設置しており、自動車だけでなくITやエレクトロニクス産業の発展に伴う調査を実施。自動運転におけるセンシング技術は「物体を検知する」ことに重点を置いています。 委員会にはアズビル、オムロン、セイコーインスツル、ソニー、東芝、日本電気、パナソニック、富士通研究所、三菱電機、村田製作所などの企業が関わっているため、これらの中から新しいセンシング技術が生まれ、将来の自動運転システムに活かされるかもしれません。. 自動運転システムは、周囲を検知するセンサーを通して「歩行者はいないか?」「対向車はないか?」「道路標識の指示は何か?」といった情報を画像処理、もしくは反射波を測定するなどして確認します。 検知したデータはクルマの内部に搭載しているコンピューターに送信され、高速で分析が行われます。次に分析したデータを駆動するそれぞれのパーツに伝えることでクルマの動作が決定。「ステアリングを動かす」「ブレーキを踏む」「車線変更する」といった基本的な運転操作が、機械を通して行われます。 こうした一連の操作を機械・電気仕掛けで行うものを「機構制御のバイワイヤ化」と呼んでいますが、今ではクルマのステアリングやアクセル、ブレーキなどはバイワイヤ化の恩恵により、自動的に操作可能に。 つまり、現代のクルマは機械装置や電気信号で「曲がる」「加速する」「止まる」などの基本動作を行える環境がすでに整っており、後は周囲を検知するセンサーや脳の役割を持つコンピューターが更に進化すれば、人の手をまったく必要としない「完全自動運転」の技術が実現できるのです。(もちろん技術的な話で、法制度や倫理観的な問題は別で解決しなければいけないですが). 阪神高速道路技術センター: 広域道路ネットワーク地震被害シミュレーションの耐震補強対策への活用に向けた検討: cs11-02: 学: 日高 功裕: 電力中央研究所: 天然の軟岩を対象とした繰返し一面せん断試験の数値解析: cs11-10: 正: 沢津橋 雅裕: 電力中央研究所.

データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?. 自動運転システムとセンサー技術は切っても切り離せない関係にあります。またセンサーの技術進化はもちろんのこと、「LiDAR」のような従来のシステムに搭載されてないセンシング技術に注目することにより、自動運転システムの更なる向上が望めることも面白い傾向かもしれません。 今後もセンサー開発による市場の拡大は大いに考えられるため、国内企業の中から自動運転に特化した新しいセンシング技術が生まれることを願っています。. 本書は、ドローンのビジネス展開に利用される各種センサ・カメラ・リモートセンシング技術や画像処理技術・3次元データ作成、および農業・建築・土木他、様々な分野・用途への実際の活用展開の他、 法規制・市場・特許動向等、ドローン活用ビジネスを進める上で役立つ各種情報が掲載さ. 3 高精度衛星測位データ利用ビジネスでは、年4月より事業が開始し、先進国での本革命をリードする。 4 高精度3次元空間地図が開発されると、空間内でのモノや人の動きがコントロールできるようになり、第4次産業革命を、モノの設計・生産から空間. 高頻度高分解能衛星群データの安定的な利用を可能とするための雲除去技術やその時系列データを生成し、現地観測データや気象データとの複合利用による農業支援情報の提供技術を実現する農業it インフラのための情報処理アルゴリズム開発と運用.

高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集 - 高速道路技術センター

email: ysyviq@gmail.com - phone:(308) 263-4111 x 6499

ヨーロッパアルプス - 小森康行 - イギリス現代政治史 梅川正美

-> 司馬遼太郎短篇全集 - 司馬遼太郎
-> 即答型 ポケットランナー 小学校全科 2013 - 東京教友会

高速道路事業のための高分解能衛星データ活用事例集 - 高速道路技術センター - の視点から介護の可能性を探る 日本文化 介護ビジョン


Sitemap 1

海藻の生化学と利用<オンデマンド版> - 日本水産学会 - 古寺巡礼京都